チェンナイで野菜・肉・日用品を買いたいとき

チェンナイで野菜・肉・日用品を買いたいとき

28/03/2019 0 投稿者: あすか

野菜を買うときも日用品を買うときも、やっぱりスーパーマーケットに行きます。道路ヨコでも野菜が売ってたり、昔ながらの小売店で日用品が売ってたりもしますが、やはり環境の整ったスーパーを信じてしまいますね。そんな現代っ子の私が行くスーパーはこちらです。

  • terra(オーガニック製品)
  • Amma Naana (成城石井のイメージ)
  • Dhanyam Organic Superstore (オーガニック製品)

引越してきてすぐ、同じホテル暮らしの先輩マダムが生活最低限のものが揃うお店として、TerraとAmma Naanaに連れて行ってくれました。今では私もこの2店の常連客です。

どこで野菜を買うかはマダムと会ったらよく会話になっていて、他の先輩駐在員さんは野菜洗い用のホタテパウダー(農薬を洗い流してくれるらしい?)を使っていたり、農場直営のところまで買いに行ったり、そもそもインドの野菜の農薬が気になるから日本から冷凍で持って来たり、色々皆様対応されている様子。

まずはterra。

terraの外観

自然志向のお店です。organic、natural、no chemical、rawという単語が頻出。先輩マダム曰く、ここの野菜は有機野菜なので生でも食べれる説もあるそうです。

他にも、袋詰めのスナック、調味料、牛乳・卵、サプリメント、自然原料の洗剤などなど、取り扱い商品に幅は広い

店内もきれいだし、他の外国人も来ているし、野菜も一部は冷蔵庫保管されていたりと、店内の至るところに丁寧さが伺えるお店なので買い物中に不快に感じることもなく、私もterra信者となってずっと通っています。笑

 

野菜は自分で紙袋に入れて計り売り

私がterraで主に買うものは、野菜、卵、ティーバッグ、パスタ、サプリメントです。

 

 

 

 

野菜で一番買うのはやっぱりタマネギですが、紫タマネギがメインで、白タマネギはたまにしかありません。

  

こんな野菜が買えます

そしてほぼ毎日通うので商品陳列のスタッフさんが顔を覚えていてくれ、私がよく買うほうれん草が入荷してたら絶対声をかけてくれます、「フレッシュスピナッチ!」と。

 

、、、たぶん顔見知りでなくても言いますね。でも「あなたいつもスピナッチを買う人よね?」的な目線を感じます。

 


  

束ねられたほうれん草

ハリのある元気なスピナッチです。たまに外れもあるので毎回要吟味。

 そしてこの束ねる紐も、なんかの植物。

 つるのような、細長い薄い樹皮のような、こんなところまで自然派のterra。

 

 

  



  

  

いつも買う卵

 そして、卵はだいたい6個入りが110ルピーか150ルピー(200円程度)。ここは冷蔵庫に置いてくれているので、なんとなく安心できます。

日本でも常温で売られていますが、なんとなく冷やされていた方が良い感じがして。「なんとなく」と言う根拠のない感覚を色んな判断基準にしてしまっています。よくないですね。

  

  

  

ティーバッグはOrganic Indiaのものを。ティーバッグ25個入りが170ルピー前後で300円程度。

Tulsi(英名ホーリーバジル、和名カミメボウキ)というハーブのお茶のバラエティが豊富です。いろいろ良い効能がある万能ハーブのようで、免疫力向上、アンチストレスとかに効くとのこと。飲み過ぎ肝臓向け、食べ過ぎ胃腸向け、ストレス解消向け、リラックスタイム向けなどなど、Tulsi以外のハーブと調合して15種類くらいから選べます。

私は基本的に食べ過ぎ生活なので、食べ過ぎに良さそうなTulsi Tummy(soothing digestive support)を愛飲しています。日本に帰る時のお土産用にも買いました。

サプリメントは、「インドの免疫をつけるにはインドのものを摂取しなきゃ」と思っていたときに、terra店内で見つけた、その名も「IMMUNITY」by Organic India。まさに、「免疫」という名のサプリメントです。カプセルにハーブの粉が入ってるサプリメントで、Katuki rhizome with rootとTulsi。効果はよくわかりません。笑

  

  

  

  

そしてAmma Naana

Amma Naanaは輸入食品がたくさん置いてあるお店です。商品内容もターゲット客層も成城石井です(勝手な思い込み)。メインフロアが食品、地下が文房具キッチングッズ、二階が生活用品(シャンプーリンス、掃除用品、生理用品など)・精肉です。

食品では、加工肉(ハムソーセージ)、チーズ、日本の醤油・みりん・料理酒、韓国の辛ラーメン、イタリアのパスタなどなどが輸入価格で置いてあります。つまり高いので私は買いません。笑 ほこりもかぶってて古いものもありますし。

左下の黒ラベルが水耕栽培

こちらで意外と耳にするのは水耕栽培のお野菜。いくつかのお店で取り扱いがあるようですが、私の行動範囲で水耕栽培のお野菜が買えるのがAmma Naanaです。毎週金曜日に入荷され、冷蔵庫に陳列されます。そして、だいたい火曜日には欲しいものはなくなっている気がします。激戦です。 

  

週によって変わりますが、ベビースピナッチ、ミズナ(太い)、小松菜、ケール、バジル、レタスなどが300g150ルピーの袋詰めで売られています。バジルだけ小袋販売。

HYDRO HERBSのラベルがついているのが水耕栽培の商品で、他にもパックに入った野菜がいくつかありますが、よくわからないのでラベルのあるものだけ買います。  

  

私がAmma Naanaで買うものは、この水耕栽培の野菜・ミネラルウォーター・ヤクルト(日本のもの、6本で100円くらい)・文房具・生活用品・そしてたまに鶏肉です。

   

私が唯一現地調達する鶏肉。

鶏肉もパック詰めではなく、量り売りです。ショーケースのなかに丸鶏、深バッドに入ったムネ肉があります。もちろん、日によって在庫は違うので、ラムがあったり、手羽先があったりもします。

まだムネ肉しか買ったことがないのですが、買い方としてはこんな感じです。

 

  1. 欲しい量をグラムか枚数で店内のショーケース手前にいるスタッフに伝える
  2. 店内スタッフがスピーカーを使ってショーケース奥の生もの担当スタッフに伝える
  3. 担当スタッフが素手で肉をつかんで紙パックに入れて小窓から店内スタッフに渡す
  4. 店内スタッフが専用のレシートを出してくれて買い物カゴに一緒に入れる
  5. 1階のお会計でそのレシートをもとに支払う

 

素手!?って思いました。私がこれから食べる肉を他人が素手で触ったよね、今!!

って感じでした。でもちょうどテレビで、中国ではこの精肉・魚が病気もなくて安全だと言うことを示すために店員が素手で商品を触るということが紹介されてたのでそういうことかと思ったけど、

いやいやそれを触る手はきれいなの?さっきまでスマホ触っててちょっと水ひっかけて洗った程度だよね?と思うし、その安全アピールのための素手説はまだまだ納得がいきません。なのでとりあえず帰宅後すぐに火に通すようにしています。

  

食洗機用の洗剤もここで

左から、塩・洗剤・リンス。

そして他にここで買い揃えたのは食洗機用の洗剤でした。

写真の左から、塩、洗剤、リンスです。日本では食洗機を使ったことがなかったのですが、こちらで住むところのキッチン備え付けでSEIMENSの食洗機があったのでお世話になることに。

塩とリンスは専用のところに一回大量に投入すればしばらく補充不要、洗剤を食洗機利用都度油汚れに応じて投入します。

最初は使うつもりもなかったのですが、食洗機だと50〜60℃の高温で洗ってくれるので、水は汚いのはやむを得ずとしても洗浄力が強そうなのでできるだけ食洗機を利用しています。

 

  

たまにしか行かないDhanyam

ここの品揃えはほとんどterraと同じです。有機野菜の入荷が水曜日と土曜日限定で、取り扱っている野菜のバラエティはほとんどterraと一緒、たまにterraにない野菜もあるかな、くらいなので暇だなーと思った水曜日に思いついたら立ち寄る程度です。

食品の他にインド布や、木製のお玉等のキッチン用品も置いてあるのでたまに行く分には楽しいですよ。

 

私の食材調達の99%はこの3店舗で完結します。