水道水では汚れを洗い流せないとき

水道水では汚れを洗い流せないとき

10/02/2019 0 投稿者: あすか

飲み水だけじゃなく、生活用水も全て注意するようにしています!普通、汚れたら水ですすいで洗いますよね?水が汚かったら絶望しませんか?私はしました。

水道水を信用しない

我が家で水道水を使っているのは、食器洗いとお風呂です。引っ越してきてから歯磨きに水道水を使っているという日本人猛者もいると聞いたけど、できるできないは水質調査でもしないとすぐ判断できないのできっと気持ちの問題なのですが、やはり、挑戦したくない。笑 

食器洗い

食器はできるだけビルトインの食洗機を使い、少量を手洗いする場合は高温のお湯をばしゃばしゃ使って洗っています。高温を使えば手が荒れると聞いて日本では20℃くらいだったけど、こちらでは40℃以上のお湯です。手が荒れる。。涙

食洗機は日本で使ってなかったので今回使う時に色々調べてみたのですが、50℃〜90℃の高温の水で洗浄してくれるので、洗浄力が高い。

手洗いの場合の30℃程度の水と優しい洗剤では落とせない汚れもとれるし、強い洗剤を使っても結局水道水で汚してしまっているような気もしてた分、食洗機では洗剤少なく・少量で高温の水で汚れが落とせていると思うと、大変頼りになる家電です。今や大ファンです。笑

キッチンでの水

水道水を口にしないとなると困るのがお蕎麦やそうめん。茹でるための水はペットボトルですぐ対応できますが、その後の流水でのすすぎ・しめが水道水でちゃちゃっとできないのです。涙 

ペットボトルを冷蔵庫で常に5本くらい入れているのですが、それをちょろちょろかけながら流水を作り出し、1本もすぐなくなるので蓋を開けては流しを繰り返すのです。

ザルを持つ・ペットボトル絡みズを流す・麺をすすぐのに最低3本の手が必要になるので、一人では至難の業。旦那がいる時にしかできません。日本にいる時には簡単にできる料理のトップ独占状態だったのですが、いまやめんどくさい料理に。

生活その他

そしてお風呂、私の場合はバスタブには水道水+多めの入浴剤で水道水感を薄めています。これはどの日本人マダムと喋っても同じように皆様もカモフラージュ風呂を楽しんでおられます。

でも住環境や好みによっては、お風呂には浄水器を通した水道水を利用したり、洗髪の最後はペットボトルの水ですすいだりする方もいらっしゃるとか。

  

でもどうしようもないのが洗濯機の水。白い服は日本に置いてきてください。冗談じゃなく、洗濯するたびに灰色にくすんでいきます。こればかりは私ごときでは太刀打ちできません。

今度改めて投稿しますが、インドの漂白剤って青色で上手にすすがないと白色も青くなります。洗濯を回すときに一緒に入れるタイプのワイドハイター的なものはまだ見つけれてないです。

でもいくら漂白剤を使ってもそのすすぎの水が汚れていたらどうしようもないんですけどね。結局、白い服は着ない。もしくは、漂白剤を使いこなす。私は前者を選びました。


口にするものは必ずペットボトルの水

  • Kinley 500ml 12ルピー(約18円)※PACKED DRINKING WATER
  • Himarayan 1000ml 59ルピー (約91円)ミネラルウォーター
  • QUA 750ml 65ルピー(約100円)ミネラルウォーター

使っているペットボトルの水はこの3種類です。

まず、Kinleyはミネラルウォーターではありません。日本のスーパーで売ってる水は全てミネラルウォーターで、選ぶとしたら産地くらいでしたが、こちらではペットボトルの水がミネラルウォーターなのか、飲用できるようにした水道水なのか、そこから確認します。

日本でも水道水のペットボトルも販売されてますが、海外製品のお店だったりごく一部でしたし、私は今までvolvicか日本の天然水の二択でしたので、始めての要注意項目でした。

  

町のなかでは、薄汚れた10リットルの水ボトルが大量に運ばれているのをよく目にしますが、飲用か何なのかは不明です。そのボトルはウォーターサーバーで使うようなものです。たまに、スーパーやレストランの端っこにウォーターサーバーを見かけますが、手洗い用か飲用かはまだ利用者を見たことがないので分かりません。

日本の私の実家の地域は山の近くで湧き水があり水質に困ることはなかったので、距離的にも心理的にも本当に真逆の世界だなあと思う毎日です。島原半島最高。

  

Kinleyのかたまり

気を取り直して、まずは日常生活のベースとしてホテルから毎日kinley500mlを20本程もらいます。これがすごくありがたい!

歯磨きにも、野菜を洗って茹でるのにも、炊飯にも、食器洗いのすすぎにも使います。最初は5本/日くらいだったけど、会う度にもっとちょうだいってお願いし続けてたら毎回くれるようになりました。

  

そして、ホテルであろうと水が入手困難になることもあるらしく、自室での備蓄も必須。まだ経験してないのですが、チェンナイは水はけが悪いらしく、大雨が降ったら町中洪水になるとのこと。

私たちは4階に住んでいるので直接的な被害が想定される訳ではないけど、外に出れない、店が空いてない、運送業が滞るということになると、ホテル内のペットボトルの水にも限りがあって水が一日500mlペットボトル1本しかもらえなくなるらしい(先輩マダムの経験談)。

そういうことを考えて、居間・寝室に合わせて40本くらい備蓄しています。料理をはりきり過ぎて20本じゃ足りない時に使ったり、料理さぼって余ったときに備蓄に回したり。

   

しかしこの生活に慣れてくるとKinleyを飲んでも喉が渇く。飲んでいる水のミネラルが足りないのか、生活の潤いがなくて口が渇いていると勘違いしているのか、純粋にまずいのか原因は分かりませんが、水を飲んでも何か足りない。。。

と言う訳で、引っ越してきた最初は普通にKinleyを飲んでいたのですが、今ではホテルからもらえる水に加えて、ミネラルウォーターも買って飲んでます。

HimarayanとQUAはAmma Naanaで買えます。旦那が、先輩から教えてもらっていました。最近は、飲用水、お茶作り、炊飯など水をそのまま摂取するような場合にはミネラルウォーターを使っています。

Kinleyはどこでもよく売っていますが、ミネラルウォーターはあまり見かけません。そして私がAmma Naanaに行くたびに持てるだけ買い占めてますので、在庫は薄めです(照)。

  

そして肝心の味について、Kinley・Himarayan・QUAのブラインドテイスティングをしました(夫が)!飲んでみて、良かった順番は:

Kinley > Himarayan > QUA!!

結局Kinley。笑

Kinleyは、(慣れかもしれませんが)味にクセがなくて飲みやすいです。その逆にQUOは硬水っぽい?、なんというかクセのある味でゴクゴクいけません。麦茶にしてもなんか違和感が。硬度がいくつか忘れました。笑

以上のような水生活を送っています。やっぱり野菜を洗うときが一番苦労します。。